0120-998-993
 メールでのお問い合わせはこちらから

愛人の逃げ

愛人の逃げ

調査した後にどうするか

浮気調査の依頼を受けた際、必ず確かめるのが、その後どうするかです。

もう少し詳しく言うと、「離婚するか」と「浮気した相手に対しても慰謝料請求するか」を確かめます。

依頼を考えた時点で、依頼人が具体的に先のことをどうするかはっきりと決めているケースはそれほど多くはありませんが、それでも、感情論的に言って、「浮気相手を許せない」と考えるのがほとんどです。できれば、その相手にも償わせたいと思うのが自然でしょう。

依頼の際にこのあたりの意思を確認するのは、調査のレベルに関係するからです。調査のレベルは調査料金のレベルに関係します。
浮気調査に段階があるとしたら、「浮気相手に対しても慰謝料請求する」というのは、最上級レベル、徹底した調査が必要ということになります。

つまり、もっとも調査の料金が高くつく調査であるということです。

 

浮気相手に対する慰謝料請求で必要なもの

配偶者ではなく第三者(正確に言うと共同不法行為者であって赤の他人ではありませんが)にまで、大金の請求を認めるという判断を下すためには、相応の材料が必要です。具体的に言えば、その相手がはっきり映った写真。そして、その相手がどこに住んでいるかというはっきりした住所です。

どうして、浮気相手まで慰謝料を請求する調査が高額になるかといえば、この「相手の所在地の判明」という調査が含まれているからです。仮に顔かたちがはっきり映った決定的写真があっても、その相手の名前も素性もわからなければ、少なくともその相手には慰謝料請求のしようがありません。

もし、浮気した人物が、とにかく自分の浮気相手を守ろうと考えたとしたら、その相手がどこに住んでいる誰なのかを絶対に喋らないようにするでしょう。だからこそ、相手がそう考える前(つまり探偵が動いていると相手に知られる前)に、相手の所在地も密かに調べておくべきなのです。

浮気相手が、男の見栄やプライドから、浮気相手に請求がいかないよう動くことはままありますが、私の経験上、その浮気相手も自分を守るため、平気で自分のパートナーを裏切って保身に走ることが多々あります。「愛人の逃げ」です。

そもそも、愛人のほうにしても、金のため、立場のため、打算的な関係で浮気の相手となっているケースがほとんどですから、沈みかけた船だとわかれば、心中する気などさらさらなく、我が身可愛さに、真っ先に保身に走ります。

愛人の逃げ

一番多いのが、「無理やり性的関係を強要されていた」と言い張って、自分も被害者になることです。

特に、浮気のパターンとして多いのは、「同じ会社の上司の男と部下の女」という関係ですから、女性としては、立場の弱さから断れず関係を結んだとも言いやすいのでしょう。真偽はともかくとして。

次に多いのが、「既婚者と知らなかった」という主張です。

実際、「結婚しているか否か」というのは、データとしては、厳密に言えば「戸籍を見る」しかなく、しかも戸籍は肉親以外は見られません。私にとっても長年不思議に思っている話なのですが、結婚を考えている相手が本当に独身かどうかは、相手の「自己申告」しかないのが現状です。

だから、実際に、「独身だと思って関係を結んだのに騙された」という本当の被害も多く、それだけに、愛人の逃げ口上としてはかなり有効であると言わざるを得ません。

ただ、不法行為の成立には、「故意」と「過失」が認められます。故意は論外ですが、「過失」……つまり、「既婚であると注意すればわかった」という状態であれば、「既婚者と気付かなかった」とは言えないわけです。

具体的に言うと、「結婚指輪をしていた」「連絡は一方的だった」「土日など会えない時間があった」「妻や子供の存在を匂わせるような情報があった」「電話やメールに制限があった。返事がすぐに帰ってこなかった」「絶対に自宅に入れようとしなかった」など。

個人的には、これに、「妻や家族も乗る車に相手が乗ったかどうか」もかなり重要ではないかと思います。独身者と既婚者の車の中は全然違うからです。また、よほどジゴロの才能があるひとでもない限り、密接に長く過ごしていれば、相手のライフスタイルや雰囲気から、独身か既婚者かはすぐわかるものです。

 

まとめ

いずれのケースにしても、探偵が本気で調査をし、ふたりが一緒に行動している写真を徹底的に押さえれば、言い逃れされるケースは「まれ」と言えるでしょう。ふたりが仲良く、笑顔で、しかしどこか人目をはばかって、不健全に出会っている映像を押さえれば、「無理やり関係を強要された」とか「既婚者だなんて知らなかった」とは言えないはずです。

 

もり探偵事務所は、尾行・証拠撮影に特化した福岡県の【行動調査専門】の私立探偵です。

2019年8月23日コラム, 依頼を考える方へ, 探偵業界, 未分類

Posted by moritantei